ウィンタースポーツの季節!一日中滑っても疲れないスノーボードの滑り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬のスポーツと言えばスキースノーボード。特にスノーボードは人気のあるスポーツとなっており、毎年冬になると雪山に出かけてスノーボードを楽しんでいるという人も多いのではないでしょうか。真っ白なゲレンデを颯爽と滑るのはとても気持ちがいいものです。

  • 初めてのスノーボードでは身体も慣れておらず大きな疲労を感じる
  • ターンをする時にエッジを意識すると疲れにくくなる
  • 体重の上下運動を意識することで更にエッジの切り替えは楽になる

初めてのスノーボードで疲れた!という経験をした人は多い

シーズンの最初や初めてスノーボードをした日はとても疲れたという経験をしたことはありませんか?足や腰が痛くなったり、体全体が疲労感に包まれたり・・・、疲れて長時間滑ることができないなど、せっかく楽しいはずなのに、なんだか少しもったいない気もします。そこで疲れにくい滑り方のポイントを押さえて、スノーボードを満喫しましょう。

疲れにくい滑り方をマスターすると1日中でも楽しい!

疲れにくい滑りに欠かせないエッジ

疲れと関係しているのがスノーボードのエッジです。エッジはボードの外枠に沿っている鉄の刃のことでボードの両サイドについています。スノーボードではこのエッジに圧力をかけて雪に食い込ませることで速度を上げたり、止まったり、曲がったりすることができます。このエッジがなければ、ボードの裏面には摩擦がほとんどないのでコントロールをすることができなくなってしまいます。

エッジを意識すると疲れずに楽しく滑ることができる

エッジを使ってターンをすることで疲れにくく、楽に滑ることができるようになります。疲れてしまう原因を作っているのは曲がる時などに下半身を使って無理に方向転換をしているから。エッジを雪にどれくらい食い込ませればどのくらい曲がるのかを知ることができれば、エッジだけで簡単に曲がることができるようになり、必要以上に下半身の力を使うことはなくなります。

さらにエッジを極めたいなら体重の上下運動を意識しよう

スノボ初心者のころに慣れた人からエッジを効かせろ!と言われたことがある人もいるのではないでしょうか。エッジはスノボで楽に滑るためにはとても重要な役割を持っています。さらにエッジを極める場合には体重の上下運動を意識してみましょう。

最初はオーバーに体重を上下するぐらいがいい

体重の上下運動とは体全体の上げ下げのことであり、曲がり始める時に体全体を下に沈ませて、曲がり終える時に体全体を上に上げていきます。
曲がり始める時に体全体が沈むことで重心が下がるのでエッジを上手く雪にひっかけることができるようになり、曲がり終える時に体全体が上がるとエッジが雪から外れて次の動きにスムーズに切り替えることができるようになります。そして上下運動を意識して曲がることでヒザを曲げ伸ばしが上手くできるので疲れを軽減することができます。
いろいろ意識すると中々上手くできないこともあるでしょう。体重の上下運動は最初はやりすぎでは?と思うぐらいオーバーにやってみてもいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近書かれた記事

  1. 2017-5-16

    ハイキング初心者でも安心!登山で疲れないためにできること

    寒い冬が終わり、冬の間に栄養を蓄えていた草花が一斉に咲き乱れる春になると、植物や虫、動物だけではなく…

知っておきたい「疲労の基礎知識」

  1. 発熱や喉の痛みがあると多くの人は薬を飲んだり、病院で診察を受けたり回復しようと努力するのに対して疲労…
  2. 体内の活性酸素が過剰になると細胞を酸化させてFFという疲労物質が生じます。と、同時にFRという疲労回…
  3. 過労や睡眠不足、ストレスなどで疲れているはずなのにそれを自覚していない人は意外に多いようです。動物は…
  4. 疲れていますか?と質問をすると多くの人は「疲れている」と答えるそうです。中でも年齢を重ねることで疲れ…
  5. 鶏むね肉に多く含まれるイミダペプチド成分(イミダゾールジペプチド)は、疲労回復、そして疲れにくい体を…

おすすめ疲労回復レシピ

  1. 梅干しチキン

    今日の献立は“イミダペプチド”と“クエン酸”でWの抗疲労効果が期待できる「梅干しチキン」。疲労回復効…
ページ上部へ戻る