え?疲労軽減?マラソンランナーがサングラスをかける理由。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マラソン中継を見ていると多くのランナーはサングラスをかけています。実はこれ紫外線が目から入ることで疲れを増強してしまうからなのです。サングラスをかけることで紫外線による疲れを軽減することが出来ます。

  • マラソンランナーは紫外線による疲れを軽減する為にサングラスをかける
  • 紫外線は夏だけではない!そして肌だけではなく目も日焼けする
  • 目から紫外線が入ると活性酸素が発生し、疲れの原因になる

マラソンランナーはなぜサングラスをかけて走るの?

実は眩しいという理由でサングラスをかけているわけではないのです

TVのマラソン中継を見ていると多くのランナーはプロでもアマチュアでもサングラスをかけて走っています。走っていて邪魔にならないのかな?眩しいのかな?マラソンランナーにありがちなスタイルなのかな?と理由を知らない私たちは思ってしまいます。実はマラソンランナーが走る時にサングラスをかけるのは明確な理由があるからなのです。マラソンランナーがサングラスをかける明確な理由は紫外線をカットすることが目的です。外を走ることがほとんどであるマラソンランナーは多くの紫外線を浴びてしまいます。そして体の中で一番紫外線を吸収するのが目なのです。サングラスをかけることで目から入る紫外線の量を軽減し、紫外線による疲労を軽減しているのです。スタミナが鍵を握るのがマラソンですからサングラスによる紫外線のカットは欠かせないのです。

えっ?目も日焼けをするの?

目から入った紫外線は目だけではなく全身に影響する

紫外線対策と言えば日焼け止めクリームや日傘、帽子、長袖の衣類などがありますが、これは全て皮膚を守る為の紫外線対策であり、皮膚を紫外線から守ることを重視してしまいます。ですが実は皮膚よりも紫外線を吸収するのが目であり、皮膚が日焼けする様に目も日焼けするのです。さらに目から入った紫外線は全身に行き渡り皮膚の日焼けも起こしてしまいます。そして目から入った紫外線は日焼けを起こすだけではなく体の疲労にも繋がります。

サングラスをかける女性

紫外線は体内で疲れの原因になる活性酸素を発生させる

疲労の原因になる活性酸素は紫外線が作る

私たちの体内では日々活性酸素というものが発生しています。不規則な生活習慣やストレス、喫煙などによって発生するのですが紫外線もその原因の一つです。活性酸素は人体にとってなくてはならないものですが増えすぎることによって細胞を傷つけ機能を低下させてしまい疲労に繋がってしまいます。少量であれば人体には必要なもので体内でも除去することが出来るのですが、増えすぎた活性酸素は除去する働きを持つ抗酸化作用物質を摂取しなければなりません。ですから、まずは活性酸素の原因となる紫外線をカットし、活性酸素を出来るだけ発生させないことが重要になってくるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近書かれた記事

  1. 2017-5-16

    ハイキング初心者でも安心!登山で疲れないためにできること

    寒い冬が終わり、冬の間に栄養を蓄えていた草花が一斉に咲き乱れる春になると、植物や虫、動物だけではなく…

知っておきたい「疲労の基礎知識」

  1. 発熱や喉の痛みがあると多くの人は薬を飲んだり、病院で診察を受けたり回復しようと努力するのに対して疲労…
  2. 体内の活性酸素が過剰になると細胞を酸化させてFFという疲労物質が生じます。と、同時にFRという疲労回…
  3. 過労や睡眠不足、ストレスなどで疲れているはずなのにそれを自覚していない人は意外に多いようです。動物は…
  4. 疲れていますか?と質問をすると多くの人は「疲れている」と答えるそうです。中でも年齢を重ねることで疲れ…
  5. 鶏むね肉に多く含まれるイミダペプチド成分(イミダゾールジペプチド)は、疲労回復、そして疲れにくい体を…

おすすめ疲労回復レシピ

  1. 梅干しチキン

    今日の献立は“イミダペプチド”と“クエン酸”でWの抗疲労効果が期待できる「梅干しチキン」。疲労回復効…
ページ上部へ戻る