鶏むね肉と夏野菜のトマトカレー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の献立はビタミンA、B1、B2、Cが豊富なトマトを使った「鶏むね肉と夏野菜のトマトカレー」。疲労回復効果の高いイミダペプチド成分(イミダゾールジペプチド)が多く含まれている鶏むね肉。日々の献立に上手に取り入れて、おいしく疲労回復しましょう。

鶏むね肉と夏野菜のトマトカレー

材料/4人分

鶏むね肉:1枚 玉ねぎ:1個
にんじん:1本 なす:1本
かぼちゃ:1/4個 ししとう:8本
トマト缶:1缶 水:1000cc
カレールー(お好みのもの):1/2箱 にんにく:2片(みじん切り)
唐辛子:1本(輪切り) インスタントコーヒー:小さじ2〜3
しょうゆ:大さじ2 油:適量
片栗粉:大さじ2  
<A>  
塩:ひとつまみ 酒:大さじ1

手順をご紹介

(1)鶏むね肉の皮と脂を全て取り除き、フォークで両面から全体にたくさんの穴をあけ一口サイズの削ぎ切りにする。Aを揉み込み30分程寝かせておく。

(2)玉ねぎ、にんじんを好みの形に切る。かぼちゃとなすは薄切りにしておく。

(3)(1)に片栗粉をまぶし、油をひいたフライパンで軽く炒めて皿にとっておく。

(4)鍋に油をひき、みじん切りにしたにんにくと唐辛子を弱火で炒める。にんにくの香りがたってきたら玉ねぎを入れ、色がつくまで炒めてからにんじんを炒める。その後(3)と分量の水を入れ、アクを取りながら10分程中火で煮込む。

(5)かぼちゃ、なす、ししとうを油をひいたフライパンでソテーする。

(6)(4)にトマト缶とインスタントコーヒーを入れ10分程中火で煮込む。火を止めカレールーを入れた後、弱火にかけながらとろみがつくまで混ぜ、更に10分程弱火で煮込み、しょうゆで味を整える。(コーヒーは入れなくても構いませんが入れることによってコクが出ます。)

(7)皿にカレー、野菜を盛りつける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近書かれた記事

  1. 2018-4-10

    鶏むね肉と菜の花・若竹のごま和え

    今日の献立は旬の食材、たけのこを使った「鶏むね肉と菜の花・若竹のごま和え」。旬の食材は味が濃く、塩分…

知っておきたい「疲労の基礎知識」

  1. 発熱や喉の痛みがあると多くの人は薬を飲んだり、病院で診察を受けたり回復しようと努力するのに対して疲労…
  2. 体内の活性酸素が過剰になると細胞を酸化させてFFという疲労物質が生じます。と、同時にFRという疲労回…
  3. 過労や睡眠不足、ストレスなどで疲れているはずなのにそれを自覚していない人は意外に多いようです。動物は…
  4. 疲れていますか?と質問をすると多くの人は「疲れている」と答えるそうです。中でも年齢を重ねることで疲れ…
  5. 鶏むね肉に多く含まれるイミダペプチド成分(イミダゾールジペプチド)は、疲労回復、そして疲れにくい体を…

おすすめ疲労回復レシピ

  1. 鶏むね肉と菜の花・若竹のごま和え

    今日の献立は旬の食材、たけのこを使った「鶏むね肉と菜の花・若竹のごま和え」。旬の食材は味が濃く、塩分…
ページ上部へ戻る