サーカディアンリズムが重要?ゆらぎのある環境で疲れにくい体に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動物が本来持つ生命のリズムをサーカディアンリズムと言います。自然のゆらぎと同調して自律神経が整いますが、現代の生活ではあまりゆらぎがありません。部屋をゆらぎのある環境にしてあげることで疲れにくい体になります。

  • 動物の生命活動のため本来備わっているのがサーカディアンリズム
  • ゆらぎのある環境は自律神経を整えて疲れにくい体にしてくれる
  • 照明や温度などゆらぎのある環境を意識しながら部屋づくりを

自然のリズム「サーカディアンリズム」とは

人的に整えられた環境は乱れがちになる?

私達人間を含め、動物の生命活動にはリズムが備わっています。朝、目覚めてから食事をするということや、状況に応じて必要になるホルモンの分泌、そして体温調節などもそれぞれ適した時間帯によって常に変化しています。このリズムは大体1日周期になっており、これをサーカディアンリズムと呼ぶのです。このサーカディアンリズムは、自然界の光や水、風などのゆらぎと同調するようにコントロールされており、自律神経のバランスを保っています。

ただ、現代人の生活というのは自然界で生活している動物とは異なり、夜暗くなってもライトをつけて明るくしたり、冬場の寒い時期には暖房を入れて暖かくしたり、逆に暑い時期には冷房を入れて涼しくしたり、室外の状況とは違い温度や湿度、明るさも一定に保たれたような環境で生活をしています。そのため、サーカディアンリズムが乱れてしまいがちだったりもします。

ゆらぎのある環境が体に与える影響とは?

サーカディアンリズムが乱れてしまえば、自律神経の機能も正常に働かなくなってしまい体にはさまざまな影響が出てくるでしょう。だからといって自然界で暮らしている動物のような生活をすることは不可能ですから、いかにしてゆらぎのある環境を上手に作っていくかということが大切になってきます。

ゆらぎのある環境で生活することは人間にとっても非常に快適であり、脳波や心拍の状態も安定すると言われています。そうしますと、自律神経もきちんと働きますからバランスも安定し、疲れづらい体を作っていくことにもつながります。

植物の多い部屋

ゆらぎを感じる部屋づくりに取り入れるポイント

サーカディアンリズムを整えるためのゆらぎのある環境を作るためのポイントをご紹介していきましょう。まず温度についてですが、常に一定の温度を保った部屋よりも、ある程度温度を変化させる(ゆらぎのある)ことがポイントになります。夏場の暑い時期にエアコンで冷やした部屋で過ごすのは最初は快適かも知れませんが、ずっと同じ温度で過ごしていると次第に体がダルく疲れてしまった経験をお持ちの方も多いでしょう。これはまさに自律神経の機能が低下してしまっている状態なのです。

適度に部屋を換気したり、エアコンを調整して人工的にゆらぎを作っていきましょう。また照明に関しても一日中カーテンを閉めきって電気をつけて生活するのではなく、朝は日光を取り入れて夜になったら暗くするという自然のリズムを意識するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近書かれた記事

  1. 2017-5-16

    ハイキング初心者でも安心!登山で疲れないためにできること

    寒い冬が終わり、冬の間に栄養を蓄えていた草花が一斉に咲き乱れる春になると、植物や虫、動物だけではなく…

知っておきたい「疲労の基礎知識」

  1. 発熱や喉の痛みがあると多くの人は薬を飲んだり、病院で診察を受けたり回復しようと努力するのに対して疲労…
  2. 体内の活性酸素が過剰になると細胞を酸化させてFFという疲労物質が生じます。と、同時にFRという疲労回…
  3. 過労や睡眠不足、ストレスなどで疲れているはずなのにそれを自覚していない人は意外に多いようです。動物は…
  4. 疲れていますか?と質問をすると多くの人は「疲れている」と答えるそうです。中でも年齢を重ねることで疲れ…
  5. 鶏むね肉に多く含まれるイミダペプチド成分(イミダゾールジペプチド)は、疲労回復、そして疲れにくい体を…

おすすめ疲労回復レシピ

  1. 梅干しチキン

    今日の献立は“イミダペプチド”と“クエン酸”でWの抗疲労効果が期待できる「梅干しチキン」。疲労回復効…
ページ上部へ戻る