鶏むね肉と小カブの豆乳味噌シチュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の献立は「鶏むね肉と小カブの豆乳味噌シチュー」。小カブの甘さを包み込んだ豆乳が身体を温めてくれます。疲労回復効果の高いイミダペプチド成分(イミダゾールジペプチド)が多く含まれている鶏むね肉。日々の献立に上手に取り入れて、おいしく疲労回復しましょう。

鶏むね肉と小カブの豆乳味噌シチュー

材料/4人分

鶏むね肉:2枚 塩・こしょう:各少々
小麦粉(まぶし用):適量 小カブ:2~3個
玉ねぎ:1/2個 ブロッコリー:1/2個
バター:大さじ2 小麦粉:大さじ1~2
スープ(コンソメ):3カップ 豆乳:1カップ
味噌:大さじ2  

作り方のポイント

●鶏むね肉はフライパンでさっと焼くと、香ばしくなります。
●玉ねぎは、レンジにかけるとソースが水っぽくなりません。

手順をご紹介

(1)鶏肉はひと口大のそぎ切りにし、塩、こしょうをし、小麦粉を薄くまぶす。小カブは皮を厚めにむいて、ひと口大のくし形に切る。玉ねぎは薄切り、ブロッコリーは小さめの小房に分けて、かためにゆでる。
鶏肉はひと口大のそぎ切り

(2)鍋にバターを溶かし、鶏肉を入れて両面に薄く焼き目をつけ、玉ねぎを加えてさっと炒める。
鶏肉を入れて両面に薄く焼き目

(3)2に小麦粉を加えて炒め、スープを注いで混ぜ合わせる。小カブを加え、やわらかくなるまでアクを取りながら弱火で煮る。

(4)3に豆乳を加えて温め、仕上げに味噌を溶き入れる。スープ皿に盛って、ブロッコリーを添える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近書かれた記事

  1. 2017-5-16

    ハイキング初心者でも安心!登山で疲れないためにできること

    寒い冬が終わり、冬の間に栄養を蓄えていた草花が一斉に咲き乱れる春になると、植物や虫、動物だけではなく…

知っておきたい「疲労の基礎知識」

  1. 発熱や喉の痛みがあると多くの人は薬を飲んだり、病院で診察を受けたり回復しようと努力するのに対して疲労…
  2. 体内の活性酸素が過剰になると細胞を酸化させてFFという疲労物質が生じます。と、同時にFRという疲労回…
  3. 過労や睡眠不足、ストレスなどで疲れているはずなのにそれを自覚していない人は意外に多いようです。動物は…
  4. 疲れていますか?と質問をすると多くの人は「疲れている」と答えるそうです。中でも年齢を重ねることで疲れ…
  5. 鶏むね肉に多く含まれるイミダペプチド成分(イミダゾールジペプチド)は、疲労回復、そして疲れにくい体を…

おすすめ疲労回復レシピ

  1. 梅干しチキン

    今日の献立は“イミダペプチド”と“クエン酸”でWの抗疲労効果が期待できる「梅干しチキン」。疲労回復効…
ページ上部へ戻る