鶏むね肉のオリエンタル風グリルチキン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラフルなパプリカと玉ねぎのマリネがアクセント。今日の献立は「鶏むね肉のオリエンタル風グリルチキン」です。疲労回復効果の高いイミダペプチド成分(イミダゾールジペプチド)が多く含まれている鶏むね肉。日々の献立に上手に取り入れて、おいしく疲労回復しましょう。

オリエンタル風グリルチキンの作り方

材料/4人分

鶏むね肉:2枚 塩:小さじ1/2
パプリカ赤・黄:各1個 ピーマン:2個
玉ねぎ:1/2個  
<漬けダレ>  
カレー粉・レモン汁:各大さじ2 ヨーグルト:1/2カップ
一味唐辛子・おろし生姜・おろしにんにく:各少々 トマトケチャップ:大さじ2~3
<玉ねぎのマリネ液>  
酢・砂糖:各大さじ1 塩:小さじ1/3

作り方のポイント

●鶏むね肉の厚い部分を開いておくと、味しみも良く、焼き上がりもむらなく仕上がります。
●野菜はあらかじめオリーブ油をまぶしてから焼きましょう。
●玉ねぎのマリネを添えると、チキンがさらにさっぱりといただけます。

手順をご紹介

(1)鶏むね肉は厚いところに切り込みを入れて厚みを均一にし、塩をあらかじめふる。
鶏肉に塩をふる

(2)オリエンタルチキンの漬けだれの材料を混ぜ合わせ、鶏むね肉を1~2時間漬け込む。
漬けダレに1時間

(3)パプリカ、ピーマンは種を取り、1~2㎝幅に切って、オリーブ油少々(分量外)をまぶす。玉ねぎは薄切りにして、マリネ液に浸す。

(4)(2)を180~200℃のオーブンで20分程度焼く。焼き上がる5分前に野菜も加えてさっと火を通す。鶏むね肉を食べやすく切り分け、野菜と盛り合わせて、玉ねぎのマリネを添える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近書かれた記事

  1. 2017-5-16

    ハイキング初心者でも安心!登山で疲れないためにできること

    寒い冬が終わり、冬の間に栄養を蓄えていた草花が一斉に咲き乱れる春になると、植物や虫、動物だけではなく…

知っておきたい「疲労の基礎知識」

  1. 発熱や喉の痛みがあると多くの人は薬を飲んだり、病院で診察を受けたり回復しようと努力するのに対して疲労…
  2. 体内の活性酸素が過剰になると細胞を酸化させてFFという疲労物質が生じます。と、同時にFRという疲労回…
  3. 過労や睡眠不足、ストレスなどで疲れているはずなのにそれを自覚していない人は意外に多いようです。動物は…
  4. 疲れていますか?と質問をすると多くの人は「疲れている」と答えるそうです。中でも年齢を重ねることで疲れ…
  5. 鶏むね肉に多く含まれるイミダペプチド成分(イミダゾールジペプチド)は、疲労回復、そして疲れにくい体を…

おすすめ疲労回復レシピ

  1. 梅干しチキン

    今日の献立は“イミダペプチド”と“クエン酸”でWの抗疲労効果が期待できる「梅干しチキン」。疲労回復効…
ページ上部へ戻る