鶏むね肉と秋なすのグリーンカレー 雑穀ご飯添え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の献立はアジアンな雰囲気たっぷりの「鶏むね肉と秋なすのグリーンカレー 雑穀ご飯添え」。疲労回復効果の高いイミダペプチド成分(イミダゾールジペプチド)が多く含まれている鶏むね肉。日々の献立に上手に取り入れて、おいしく疲労回復しましょう。

鶏むね肉と秋なすのグリーンカレー 雑穀ご飯添え

材料4人分

鶏むね肉:1枚 秋なす:2本
ベビーコーン:6本 赤ピーマン・ピーマン:各1個
サラダ油:大さじ1 グリーンカレーペースト:大さじ2~3
ココナッツミルク:2カップ 鶏がらスープ:1カップ
しょうがの薄切り:2~3枚 (あれば)こぶみかんの葉:2枚
ナンプラー:大さじ2 きび砂糖:大さじ1
米:2合 雑穀:大さじ2
(お好みで)香菜:少々  

作り方のポイント

鶏むね肉はそぎ切りにして、火が通りやすくします。
雑穀ごはんは、かために炊き上げましょう。
グリーンカレーペーストは、炒めて香りを出しましょう。

手順をご紹介

(1)鶏むね肉はひと口大に切る。秋なすはひと口大に、ベビーコーンは半分に切り、ピーマンは半分に切って種をとり、2cm幅に切る。

(2)米は炊く30分前にといでザルにあげる。さっと洗った雑穀を加え、1割増しの水を加えて炊き上げておく。

(3)サラダ油とグリーンカレーペーストを鍋に入れて火にかけ、泡立ってきたらココナッツミルクの半量を加えてさっと煮る。鶏がらスープを加えてのばし、しょうが、こぶみかんの葉を入れる。

(4)(1)の鶏むね肉と野菜を(3)に加えて煮立て、やわらかくなるまで8~10分程度火を通す。残りのココナッツミルクを加えて混ぜ合わせ、ナンプラーときび砂糖で調味する。

(5)ごはんを皿に盛って、(4)をかけてお好みの香菜をのせていただく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近書かれた記事

  1. 2018-11-14

    鶏むね肉のミートローフ

    今日の献立は型に入れて焼くだけなので簡単、おもてなしにも使える「鶏むね肉のミートローフ」。疲労回復効…

知っておきたい「疲労の基礎知識」

  1. 発熱や喉の痛みがあると多くの人は薬を飲んだり、病院で診察を受けたり回復しようと努力するのに対して疲労…
  2. 体内の活性酸素が過剰になると細胞を酸化させてFFという疲労物質が生じます。と、同時にFRという疲労回…
  3. 過労や睡眠不足、ストレスなどで疲れているはずなのにそれを自覚していない人は意外に多いようです。動物は…
  4. 疲れていますか?と質問をすると多くの人は「疲れている」と答えるそうです。中でも年齢を重ねることで疲れ…
  5. 鶏むね肉に多く含まれるイミダペプチド成分(イミダゾールジペプチド)は、疲労回復、そして疲れにくい体を…

おすすめ疲労回復レシピ

  1. 鶏むね肉のミートローフ

    今日の献立は型に入れて焼くだけなので簡単、おもてなしにも使える「鶏むね肉のミートローフ」。疲労回復効…
ページ上部へ戻る