鶏むね肉とさわらの竜田揚げ・新じゃがいも添え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の献立はカリウム、ビタミンB2、ビタミンD、ナイアイシン、パントテン酸、IPSやDHAなど豊富な栄養素を含んださわらを使った「鶏むね肉とさわらの竜田揚げ・新じゃがいも添え」。疲労回復効果の高いイミダペプチド成分(イミダゾールジペプチド)が多く含まれている鶏むね肉。日々の献立に上手に取り入れて、おいしく疲労回復しましょう。

鶏むね肉とさわらの竜田揚げ・新じゃがいも添え

材料4人分

鶏むね肉:大1枚 さわら:3切れ
<A 下味(鶏とさわらの2つ用意)>  
酒:大さじ2 しょうゆ:大さじ2
しょうが:適量  
<衣> 片栗粉:適量
じゃがいも:1個(くし型切り)  
<チリソース>  
油:小さじ1  
<B>  
にんにく:1片(みじん切り) しょうが:1片(みじん切り)
豆板醤:大さじ2 ※お好みで調節してください  
<C>  
砂糖:大さじ4 しょうゆ:小さじ1
酢:大さじ1 ケチャップ:小さじ1
水:1カップ 中華スープ:大さじ1
水溶き片栗粉:(片栗粉:大さじ1、水:大さじ1) 白ネギ:適量(みじん切り)
<彩り>  
プチトマト:8個 グリーンリーフ:3枚
パセリ:適量  

手順をご紹介

(1)鶏肉とさわらは食べやすい大きさに切り、それぞれ<A>で下味をつける。ビニール袋に入れて揉みこむと早く味がしみこむ。

(2)(1)のビニール袋に片栗粉を入れて、全体的にまぶしたら、油で揚げる。

(3)じゃがいもはきれいに洗い、皮ごとくし型切りにして、素揚げする。

<チリソース>
(4)フライパンに油を入れて熱し、<B>を入れ、香りを出す。

(5)<C>の調味料を加え、ひと煮立ちしたら水溶き片栗粉を入れて、とろみがついたら火を止め、白ネギを入れる。
※揚げたものにチリソースをかけてお召し上がりください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近書かれた記事

  1. 2018-9-4

    鶏むね肉と海藻のゼリーサラダ

    今日の献立は黒酢のゼリーソースがさっぱりと美味しい「鶏むね肉と海藻のゼリーサラダ」。疲労回復効果の高…

知っておきたい「疲労の基礎知識」

  1. 発熱や喉の痛みがあると多くの人は薬を飲んだり、病院で診察を受けたり回復しようと努力するのに対して疲労…
  2. 体内の活性酸素が過剰になると細胞を酸化させてFFという疲労物質が生じます。と、同時にFRという疲労回…
  3. 過労や睡眠不足、ストレスなどで疲れているはずなのにそれを自覚していない人は意外に多いようです。動物は…
  4. 疲れていますか?と質問をすると多くの人は「疲れている」と答えるそうです。中でも年齢を重ねることで疲れ…
  5. 鶏むね肉に多く含まれるイミダペプチド成分(イミダゾールジペプチド)は、疲労回復、そして疲れにくい体を…

おすすめ疲労回復レシピ

  1. 鶏むね肉と海藻のゼリーサラダ

    今日の献立は黒酢のゼリーソースがさっぱりと美味しい「鶏むね肉と海藻のゼリーサラダ」。疲労回復効果の高…
ページ上部へ戻る