鶏むね肉のキエフ風カツレツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の献立は「鶏むね肉のキエフ風カツレツ」。ウクライナで伝統的な鶏むね肉を使った料理です。疲労回復効果の高いイミダペプチド成分(イミダゾールジペプチド)が多く含まれている鶏むね肉。日々の献立に上手に取り入れて、おいしく疲労回復しましょう。

鶏むね肉のキエフ風カツレツ

材料/4人分

鶏むね肉:2枚 塩・こしょう:各少々
バター:100g まいたけ:1パック
レモン:1/2個 にんにく:1/2片
レモンの皮(国産):少々 小麦粉・卵・パン粉:適量
<マッシュポテト>  
じゃがいも:2個 牛乳:大さじ2
塩・こしょう、ナツメグ:各少々 ミニトマト、ベビーリーフ:適宜

作り方のポイント

●鶏むね肉はラップにくるんで軽くたたくと、均一に伸ばせます。
●揚げている途中でバターが出てこないように、鶏むね肉できっちりと包みましょう。

手順をご紹介

(1)室温に戻したバターとパセリのみじん切り、レモン汁、にんにくのすりおろし、おろし金でおろしたレモンの皮を混ぜ、ラップにくるんで棒状に伸ばし、冷凍庫で冷やし固める。ラップにくるんで棒状

(2)鶏むね肉は皮を取り、身の厚い部分を切り開いて厚みが均一になるようにする。まな板の上においてラップをかぶせ、めん棒などで軽くたたいて伸ばす。1枚を縦半分に切って塩、こしょうをふって下味をつける。

(3)2の鶏肉1枚につき1のバターの1/4量ずつをのせ、端からバターが出ないようにしっかりと巻く。小麦粉→溶き卵→パン粉の順にまぶしつける。
しっかりと巻く

(4)170℃の揚げ油でじっくりと揚げる。

(5)じゃがいもは皮をむいて薄い輪切りにし、耐熱容器に入れ、牛乳を加えて電子レンジで加熱する(2分30秒/100g)。柔らかくなったら熱いうちにマッシャーでつぶしてなめらかにし、塩・こしょう、ナツメグを加えて混ぜる。

(6)5のマッシュポテト、ミニトマト、ベビーリーフと共に4を盛り付ける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近書かれた記事

  1. 2017-9-21

    なんだか腰がだるい・・・腰のツボマッサージで疲れを軽減しよう

    日常生活の中で腰には思った以上に負担がかかっています。1日仕事をがんばって帰宅したら、なんとなく腰が…

知っておきたい「疲労の基礎知識」

  1. 発熱や喉の痛みがあると多くの人は薬を飲んだり、病院で診察を受けたり回復しようと努力するのに対して疲労…
  2. 体内の活性酸素が過剰になると細胞を酸化させてFFという疲労物質が生じます。と、同時にFRという疲労回…
  3. 過労や睡眠不足、ストレスなどで疲れているはずなのにそれを自覚していない人は意外に多いようです。動物は…
  4. 疲れていますか?と質問をすると多くの人は「疲れている」と答えるそうです。中でも年齢を重ねることで疲れ…
  5. 鶏むね肉に多く含まれるイミダペプチド成分(イミダゾールジペプチド)は、疲労回復、そして疲れにくい体を…

おすすめ疲労回復レシピ

  1. 鶏むね肉とたけのこの炊き込みご飯

    今日の献立はたけのこの歯ごたえも美味しい「鶏むね肉とたけのこの炊き込みご飯」。疲労回復効果の高いイミ…
ページ上部へ戻る